1. HOME
  2. 保育士のブログ
  3. 野菜の収穫いろいろと「他者との関わり」・「適切な支援」の大切さ

野菜の収穫いろいろと「他者との関わり」・「適切な支援」の大切さ

7月9日(木)
こんにちは。
いつもありがとうございます!
今回のブログは、副園長が書かせていただきます。
よろしくお願いします☆

 

 

ちょっと前の話にはなりますが、、、、
先日子どもたちと野菜の収穫をしました!
もも組のみんなと畑へ。オクラ・ミニトマトの収穫です!

先生が探すと、なかなか見つからないオクラ…。
ところが、子どもたちが「わたしも、ぼくもみつける~」と言って
次々と、オクラ探検隊ですぅ~!

 

 

 

 

 

 

そしたら、「あった~!!」と見つけるわ、採るわ~!

 

 

はさみの使い方・カット方法を私が実際に示して教えると
その通りにカットして収穫していましたよ!

 

 

ここに、「子どもの特性」と「大切な支援」の視点があります。
まず、「子どもの特性」。

子どもは「目線が低い」ので、
大人の目線の世界では見えない、
低い場所の世界がとってもよく見えるのです!
写真でも分かりますね。(^^♪
これがとっても大切!畑の収穫作業には、子どもの「五感をフル回転」する
認知・判断・動作がたっぷり詰まっています!!

 

そして、「大切な支援」として、はさみの使い方・カットの方法があります。

私が子どもたちに実際に方法をやって見せて教えました。(これを「例示」といいます。)
子どもたちに具体的に教える上で「例示」は、とても分かりやすい支援方法の一つです。

大人は、とかく「言葉で伝える」ことが多いですが、
幼児にとって大切なのは、
「わかりやすく・具体的に・発達に応じた視覚支援(手本を示す)を添えて」教えることですよ。
さて、収穫したら、みんなで、はこびま~す!(^^♪

で、「ぼくが!わたしが!はこびた~い!!」となり…。取り合いに…。
で、子どもたちに「みんな、はこびたいんだって。どうする?」と問うと…。
「いっしょにもってく!!」と話したので、そうしてもらいました。

バケツの持ち方だけは、その場で「例示」しました。(必要な支援ですから。)
あとは、子どもたちが考えるんですね!!こうやって、楽しそうに運びました!!
自然に「関わりから、お互いに協力しあう力(ちから)を学んでいる」ことが分かりますね。(^^♪

目的達成のために、必要な支援を行い、あとは、発達段階に応じた
子どもたち自身の考える力を大切にすることが、大切ですね…。

 

次は、枝豆の収穫!
採ってきた枝豆の蔓(つる)から枝豆をもぎ取る作業です!
早速もも組・さくら組の皆と行いました。
「枝豆の取り方」を子どもたちに「例示」で教えて、いざ開始!

もも組(4歳児クラス)のみんなは、見様見真似でがんばっています!

これも大切な「他者との関わり」の学びですね。「百聞は一見に如かず」です!
一方、さくら組(5歳児クラス)は蔓(つる)を子どもたちで分けて
分担して作業しています!!これが5歳児の発達段階ですね!(^^♪

枝豆の採り方をきちんと教えたので、写真の通り、大切に1本ずつ
採っているのが分かりますね!えらい!!

最後は、掃除。ほうきを自分で「ぼく、このおおきさ。(のほうきがぴったり)」と
言って選択して、ちりとりも上手に持って掃除してくれました。
ここでは、掃除の仕方を「1度掃いたら、ちりとりを90度動かして掃き残しを取るといいよ。」
と「例示」をしながら教えました。

最後まで、責任を持って掃除してくれました!!ありがとう!!(^^♪
「5歳児の成長過程と、段階に応じた支援が大切」ということが分かりますね。

 

私、前職が、障がい児療育施設での
児童発達支援管理責任者、保育所での障がい児保育担当を長年していて、
「個々のお子さんの発達段階に応じた支援計画を立てて実践」を日々してきました。
このブログで書いた「お子さんへの支援」の数々は、
実は、全て「障がい児療育の現場でも行っている支援」なのです。
だから、この視点で感じますし、そして「伝えていかなければならない。」と思っています。

 

皆さんが気にされている「障がい児療育・特別支援」は、
決して、違う世界の特別なことをしているのではなく、
実は、保育園保育はじめあらゆる場面で
「どのお子さんに対しても、より理解につながる」支援をしている
ということです!
つまり、「どう教えたら(伝え方を工夫したら)、お子さんがより自ら理解できるようになるか?」をよく考える。
ということです!

ですから、どんなことでも、お子さんの「ちょっと困った…。」とか
「どうしたらいいのかな?」とか、「ちがいがあるのかな?」とか
お感じになることがありましたら、遠慮なく「お話し」してくださいね!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
保育士のブログ名
野菜の収穫いろいろと「他者との関わり」・「適切な支援」の大切さ