1. HOME
  2. ブログ
  3. そんな時もあったね☆

そんな時もあったね☆

 

9月3日
足近保育園 栄養士 今西 沙代です
今日もご訪問いただきありがとうございます☆

 

 

 

1歳児クラスへ☆
保育室に入って早々に
指をさされる 笑
でも実は指をさしているのではなく
私が持ってるカメラに興味あり☆

 

 

昨日もも組のみんなと一緒に
描いた梨の絵とお礼のメッセージが
早速、平二梨園さんに届けられましたよ☆
平二梨園さん
詳しくは上記のHPより↑
9/3(本日)のブログご確認くださいね☆
喜んでもらえてこちらも嬉しいです
新たなご縁に感謝です

 

 

先日、平二梨園のカメラマンさんに撮っていただいた
「岐阜の梨と私」
人生最初で最後のモデルか?!

 

 

 

せっかく画像いただいたので
いつもの写真よりも控えめに掲載中☆
さて今日の給食

 

 

ゆかりごはん
さばのカレー焼き
ひじきの煮物
おくら
味噌汁
もも
です

 

 

 

ひじきをごはんに混ぜてもらい
ひじきごはんにしている子がいっぱいいたすみれ組

 

 

 

 

具だくさんの茄子の味噌汁の茄子を
上手に飲んでいます
お椀を上手に持てる子がたくさんいて
きっとお家でも教えてもらっているんだね☆

 

 

 

 

 

ごはんを食べたら
しばらく自由に遊んだり
本を読んでもらったりしながら午睡へ☆

 

 

 

 

 

なかなかすみれ2組に入れませんが
久々に入った感想は、
とっても元気で活発なクラス!!!
とにかくみんな元気、先生も元気☆
よく動く、よく話す、よく笑う、よく遊ぶ
でも何よりそれが一番大事であり必要でもあり、うれしいことですね
っても子どもらしい
いきいきしたクラスだなと思います☆

 

 

 

食育アンケートでこんなご意見をいただきました

「手間暇かけて作っても食べてくれず、

また共働きの為、手間のかかる料理を数多く作れません」

 

せっかく手間暇かけて作ったのに
子どもが食べてくれなかったらショックですね
そんなんだったらもう作りたくない!
そう思う気持ちはわかります

 

 

しかし手間暇かけて作ったのに、、、とがっかりすることなくて
また、手間暇かけられないと自分を責めてショックを受けることもありません
手間暇かけられるときだけ作れればいいのです(例えば土日だけとか)
たとえお子さんが食べなかったとしても
美味しいものができて、 自分で食べて◎だったなら
それでいいのでは?

 

 

子どもも成長とともに食べるようになりますし
一口だけ食べてみよう!という問いかけにも
応じてくれるようになると思います

 

 

今はひたすら根気との勝負ですが
負けないでください!!!

 

いつか笑って一緒にお母さんの愛情たっぷり込められた
お料理を食べ「おいしい!!!」って言ってくれる日がきっときます!
心に余裕がないとイライラしたり笑顔でいられなくなったり
子どもと一対一で接することが難しかったりすると思うので
夕食を作ることにストレスを感じた日には
たまには、レトルトや冷凍、出来合いのものにも頼ったりして
上手に活用しながら
お子さんとの時間を大事にしていただけたらと思います☆

 

そんな時期もあったと思う日がきます、そして
そんな日が懐かしいと思う日がきます

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

おすすめ記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

食育「日本一」の保育園(平成27年制作)

子育て支援エクセレント企業

足近保育園 畑作業